ダイニングとイスの専門店 辻製作所
辻製作所

工場紹介 ダイニングとイスの専門店 辻製作所

創業より80余年。これからも「信頼の日本製家具」を作り続けます。

辻製作所の工場は福岡県大川市大字向島に所在します。昭和3年に三潴郡大川村に於いて、先々代 辻 末吉が、辻木工を創業しました。桐ダンスの製造から始まり、昭和24年に先代の辻  正夫が家業を引き継ぎ近代的な和ダンス、洋服ダンスの製造へ移行。昭和63年に株式会社辻製作所へ組織変更 し、平成4年テーブル工場と椅子工場を現在地へ新設、現在に至るまで80余年家具の製造を続けています。同一工場内で、材木の木取りから塗装まで一貫生産をしておりますので色々なご要望にお答えできる専門工場です。

また福岡県大川市という国内有数の家具生産拠点に立地しておりますので、ウォールナット材、チェリー材、楢材等、豊富な樹種に対応できるという特性もあり、ご希望に応じて創り上げていく事ができるのも国内工場ならではです。製品に関しましては、末永くお使い頂くお客様の目線で品質管理、検品をしております。

工場面積500坪、工場作業員20名。機械によるオートメーションと職人たちによる丹精込めた手作業との組み合わせで製造されています。創業より80余年。これからも「信頼の日本製家具」を作り続けます。

創業より80余年。これからも「信頼の日本製家具」を作り続けます。

辻製作所 職人

家具作りに携わって50年になります。タンス、テーブル等色々な家具を作ってきましたが、やはり一番大事なのは下地作りです。下地が整っていないと仕上がりも良くありません。女性のお化粧と同じですね(笑)。今はその下地作りである研磨一筋です。やっぱり健康のためには仕事が一番ですね!

辻製作所 職人

辻製作所 職人

私の仕事はNC加工といってNCルーターという機械を使い、プログラムを入力し、板材を一定の形にカットしています。1000分の1まで計算する機械なので図面通りに正確に仕上ります。小数点の間違いだけで大きなミスにつながる仕事です。材料も高価なものが多いので仕事中は神経質になってしまします。性格はファジーですが(笑)

辻製作所 職人

辻製作所 職人

椅子を作って22年!!椅子は座ったり、動かしたりするものなので、強度が大切です。材料の接合部を正確にピッタリとつけるのが強度的には一番です。椅子作りは曲線が多い分、長年の勘と経験がモノを言います。カッコイイ椅子を見るとワクワクします。

辻製作所 職人

辻製作所 職人

テーブルの最終工程である、仕上げ、検品、梱包が私の仕事です。いつも朝礼のとき全スタッフで確認していることがあります。それは間違えのない、満足していただける製品、そして返品のない製品つくりを心がけることです。「不良品は工場から一切出さない」が私のモットーです。

辻製作所 職人

辻製作所 職人

塗装歴は15年になりますが、いまだに奥の深さを感じます。素材の違いや木目、また天候によっても塗装のノリが違うため、経験と知識が必要です。私の仕事は一番目につきやすい「天板の上塗り」の為、毎日が真剣勝負ですが、最高の達成感があります。

辻製作所 職人